【できた】Mac標準アプリ「写真」で「君の名は。」風の加工をする方法!

写真加工アプリ「Everfilter」とは?

一瞬流行って一瞬で下火になった、新海監督のアニメ映画作品のような世界観に写真を加工できる「Everfilter」というアプリ。

最初、写真の色調を「それっぽく」加工するだけのフィールターの類だろうと僕は思っていたのですが、実は写真を画像解析して「空」「夜景」などに分類し、背景部分を認識し、それに合わせてアニメ画の背景を合成するというもののようです。

そして何と、合成する画像に新海作品の背景を本当に使用していた(それも無断で!)ことが分かり、悪い意味で大きな話題となりました。

また、アプリ自体がプライバシーポリシーも提示せず個人情報をやたら聞いてくるタイプのアプリだったので、おもしろそうだなーと思いつつも、僕は怖くてインストールしていませんでしたw

でもこれ最初に言ったように、色合いの調整だけでもかなりいい線いくのでは?

とりあえず実際にやってみた

そう思った僕は、macOSの標準アプリ「写真」の機能を使って「人力で」Everfilterっぽい、いや「セカイ系っぽい」現像にトライしてみました。

まずは、やってみた結果からご紹介しましょう。

dscf2370-1
加工前

たとえばこのコスモス畑の写真。

dscf2370-2
加工後

ほら!結構それっぽいのでは!?

dscf3390-3
加工前

こんな感じの山頂からの風景も、

dscf3390-2
加工後

この通り!

ここから、「壮大なようでいて、その実君と僕とその周りだけで完結する物語」が起承転結しちゃいそうな画に!

dscf6637-2
加工前

こんな感じの普通の観光スナップも…

dscf6637-1
加工後

ほら、なんだか一気に意味深になカットになりました!

dscf4453-1
加工前

「干潟で生き物を探しているところ」の写真を撮りたくて後輩を干潟に連れてったときの写真も…

dscf4453
加工後

ほら!なんかアニメ画の背景に人物合成しちゃった感じに…!!

というかこれ後生大事に持ってたら妻に問い詰められそうです。

加工のしかた

さて、加工の方法ですが、まずは加工する写真をmacOS標準アプリ「写真」に突っ込んで下さい。

※「macOS」の方です。iPhoneやiPadの「iOS」の方のアプリでは出来ませんのであしからず。

p2410237

今回はこの、「瀬戸内海の島にかかる橋の写真」でいきたいと思います。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%90

読み込んだら、まずココの「写真を編集」のアイコンをクリック。

もしくは、イメージ>編集ツールを表示 を選択します。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%91

すると上のような黒い縁取りの画面になります。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%92

次にここの「ブリリアンス」の数値をドラッグして不自然でないくらいに上げます。

たいていの写真はMaxまで上げてしまって大丈夫ですが、逆光の部分に大きなボケがあったりすると不自然な縁取りがついてしまったりします。

これだけでかなり絵画っぽい(HDRっぽい?)画になりますね。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%93

次に、右上の方にある「追加」のところをクリックすると、今まで表示されていなかった編集ツールが現れるので、その中の「レベル」を選びます。

すると上の画像の右下の山のようなグラフ(輝度分布)が出てきます。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%93

このグラフの右上には何も表示されていないのですが、ここにカーソルをかさねると

%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

こういう感じのアイコンが現れ、クリックすると「輝度」「RGB」「赤」「緑」「青」が選べるので、「赤」にします。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%94%ef%bd%82

赤の山が出てきました。

で、これを

%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab

こうなってるところにカーソルを合わせると

%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%ef%bc%92

こんな感じにラインが出てくるので、

%e8%b5%a4%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab%ef%bc%93

一番右のラインの上端をこうクイッと、左に大きく傾けます(カーソルを合わせてドラッグするだけ)。

す・る・と…

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%94

なんということでしょう。

一気に現実の雑音が遠ざかり、セカイ系なトーンに(笑)

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%95

このままでもいいのですが、さらにここから「露出」を下げ「明るさ」を上げてやると、優しくセンチメンタルな、かつアンニュイでモラトリアムな調子になります。

%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%82%a4%e7%b3%bb%e7%8f%be%e5%83%8f%ef%bc%96

逆に「露出」を上げ「明るさ」を下げてやると…なんだか初期GAINAX調にww

ビフォア・アフターを並べてみます。

これが、

p2410237
ビフォア
p2410237-3
アフター

こんな風に。

並べれば「なに?写真が日に焼けたの?」って感じですが、下のを単体で見ると、思い切りセカイ系作品の背景っぽく見えます。

勝手に「人力セカイ系現像」と呼ぶことにします。

画像によって上のようなハイキー(全体に色が薄く明るい感じ)になり切らない場合、「レベル補正」を「赤」から「輝度」にもどし、同じように真ん中のラインを右側に倒して微調整するとそれっぽくなりやすいです。

どんな画像が素材として向いているか?

まず、写真(デジタル)に凝ってる方は「現像」というとRAWファイルをいじくるのを想像するかもしれませんが、今回の加工はJPEGでぜんぜんOKです。

JPEGとかRAWって何?って方はスルーして下さい。

加工する風景ですが、画面内に青や緑、それもできれば空や海、木々があるとそれっぽい色味にしやすいようです。

dscf2216-3

沖縄県の屋我地(やがち)という海岸なのですが、「人力セカイ系現像」との相性が半端ない(笑)

dscf0107-2

ちょこっと街があったり人がいたりすると、それっぽさが増します。

dscf2964

長時間露光(log exposure)の夜景写真とかも相性いいので、持ってる方は是非お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です