mac OS Sierra の「写真」アプリが超便利になってる…!特に「ブリリアンス」!!

Mac の新OS “Sierra” で「写真」アプリの使い勝手が大幅に向上したので、ネイチャーフォトシューターの立場から軽くレビューしたいと思います。

簡単な補正は「写真」アプリで

僕は、基本的に普段簡単な写真の補正にはMac付属のアプリ「写真」を使っています。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

知人友人にはlightroomやSILKYPIXなどの専用”現像”ソフトを使う人も多いです。

が、すごいダイナミックにトーンをいじるならともかく、「ちょちょい」とシャドーを持ち上げたりホワイトバランスをいじったりするくらいなら「写真」少なくとも僕には必要十分。

%e3%80%8c%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9

インターフェースはこんな感じ。

僕が「写真」アプリでいじる項目は主に「レベル」と「ホワイトバランス」、全体に暗い場合は「露出」くらいでした。

で、こんな感じの写真を

dsc01615-1
デバスズメダイの群れ(SONY RX100)

こんな感じに補正したりするわけですよ。これは水中なのでかなり派手に補正をかけた方です。普通はもっと地味に補正してます。

dsc01615

ちなみに、「レベル補正」で結構水の透明度の印象は変えられたりします。本格的な現像ソフトを使うと、もっとえげつないですよ(笑)

新たに追加された「ブリリアンス」の使い所

で、このたびMac を新OS “Sierra”にアップデートして「写真」アプリを開いてみたところ、新し項目が。。

%e3%80%8c%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%8d%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%ef%bc%92

ブ…「ブリリアンス」とな??

でも、これがとんだ優れモノでした。

日中、屋外で撮ったとき、空や雲が真っ白けっけ(白飛び)にならないように露出を合わせて(orオートで)撮ると、どうしても影の部分が暗めに写ります。

dsc08880-2
@沖縄県万座毛

特にセンサーの小さめのカメラ(普通のコンパクトなデジタルカメラなど)を使っていると顕著です。

そこで、「ブリリアンス」をグンと上げると

dsc08880-1

青空はより青く、影に沈んでいた岩肌の表情もくっきり!

で、ちょっと明るすぎるので「明るさ」(※「露出」ではなく)をちょいっと下げると

dsc08880
ちょっと暗めに見えますが、曇っていたのでこのくらいが見た目に近いです

なんて事でしょう。。

今までうんうん言いながらレベルのスライダをいじっていたのに、ほとんどの写真の補正がこの「ブリリアンス」一発(+露出or明るさ)で決まってしまいます。

調子に乗っていろいろやってみました。

「石柵にブーゲンビリア」

dscf9219-2
before
dscf9219-1
after

「オキナワクワゾウムシ」マクロ

p1930426-1
before
p1930426
after

「夕焼け」

dscf1302-1
before
dscf1302
after

「屋我地の塩性湿地」

dscf2216-1
before
dscf2216
after

う〜ん、この辺は好みが分かれそう。。観光パンフに載せるなら下ですが、僕の好みで言うと上ですね。

まとめると

僕の感じた使い所は

  • 晴天屋外で黒つぶれ&白飛び気味な写真
  • 青空や夕陽の色がイマイチ綺麗に出なかった写真
  • 逆光で顔などがかなり暗く写ってしまった写真
  • 被写体を背景の中でパキッと強調したいとき

などに真っ先に「ブリリアンス」のスライダーを上げるのが良さそう。どのくらい上げるかは「不自然にならない程度」でいいでしょう。

逆に、陰影を大切にして撮られたポートレートなんかはそれこそ“台無し”になるようです。何枚か試したのですが、酷かったので載せません(笑)半逆光で撮った料理の写真とかもダメですね。

「このシーン、もっと印象的だったハズなんだけどなぁ…写真であんまり表現されてないなぁ」という時に使うという考え方でもいいかも。

最後に、「ブリリアンス」を下げてシャドウをガツン!と落とすのもありだぞ、という例を。

dscf6248-1
before
dscf6248
after

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です