イスカンダル…じゃなかった、「イルカンダ」のちょっと不気味な花が咲いたよ♪

沖縄は4月になるともう初夏!(「うりずん」と呼ばれます)植物も新芽や若葉を出し、昆虫や動物も活発に動き出します。

そんな中、「イルカンダ」という植物の花が咲いたので写真を撮ってきました。

カメラ Panasonic DMC-GH4
レンズ LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.

…で、それのどこが面白いかって??

イルカンダはつる性の植物で、他の樹に巻き付いて成長するんですが、たいてい花はすごーく高いところに咲いているんですよね。

 

こんな感じ。

P1770479
くすだま状に集まって咲いてるのが全部イルカンダ

逆光で見えづらいったらない^^;

P1770478

 

こういう花が地面に落ちているのを見て、上を眺めて「あ〜咲いてらぁ」というのが関の山なんです。

で、そんな花がほぼ目線の高さに咲いているのを見つけたので、ここぞとばかりに激写!!

P1770435

 

…なんか不気味な花ですね^^;

サイズもけっこうデカくて、この房で30cmくらいあります。。

P1770428
蕾もありました。

 

この花、ひとつの株に毎年咲くわけではないようです。一説によると4年に一度とか。ただし毎年どこかしらで咲きます。

なかなか新鮮な花の匂いを嗅ぐ機会にめぐまれませんが、ちょっと嫌な匂いがします。じゃあ嗅がなくていいか(笑)おそらく特定の昆虫が好む匂いなんでしょうね。

P1770449
ちょっと引きで。。

下のほうになっているのはマメ。そう、イルカンダはマメ科の植物なんです。

ということは当然、マメがなります。

DSCF0067
イルカンダのマメとさや

さやもマメもけっこう巨大。さやが長さ30cm以上、マメは直径4cmほどになります。

おまけにこのマメ、すんごい硬いんです。。

ポケットに入れてジャラジャラさせとくと、独特の美しい光沢が出ます。「ポッケの宝物」ってやつですね。

じつは某R球大学にはこのイルカンダが結構たくさんありまして、院生時代、このマメが欲しくなって採りに行ったことがあります。

と言っても高い所になっているので、イルカンダのツルが絡んだガジュマルの枝めがけて小枝などを投擲して落とすことに。

折悪しくも場所は大学の食堂のすぐ脇。通行人に注意しつつ、小枝を投げつけること数十回。

DSCF0055
獲ったどーーー!!!(狂喜乱舞)

はい、通行中の大学生の視線が痛いです。

通りかかる学生をなにやら新興宗教関連の怪しげなサークルへ勧誘する2人組がそばにいたのですが、彼らは僕にはとうとう一度も話しかけて来ませんでした。なんでかな。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です